That familiar scent of tea.

そうして、お茶の景色の記憶は、私をいろんな所に連れてゆく。 ロ シア極東、酷寒の冬に通された居間には、ペチカが赤々と燃え、サモワールが湯気を立てていた。たぶん炭を入れて使うタイプなのだと思う。サモワール自体からも、やわら […]

Read More

The wicked witch of the east meets west.

場所は、ハーグの大きな森の近くの静かな住宅街。 オランダらしい佇まいのお宅は、扉を開けると、もうすでに華やかな花の香りが漂う。開け放った窓には、さっぱりとした白いカーテンが揺れて、夏の風を運んでいた。 瞳実さんのアロマテ […]

Read More

Beauty is in the eyes of beholder.

ヘアサロンにゆく。 旅に出た時は、その街の住人になりきってみる。 そんなささやかな疑似体験の儀式は、外見から入ってみるのも楽しい。 そんな体験にうってつけなのが、ローカルのヘアサロンに通ってみること。 例えば。ホテルに入 […]

Read More

Eat what you love, love what you eat.

私達の身体は、私達の食べたものでできている。 だとしたら、今の私の身体は、お肉やお魚やたまごやたっぷりの野菜でできているはず。 大人になってからの私は、時々、食べることで躓く。 全く食べられなくなったこともあるし、生の野 […]

Read More

Throwback Thursday. Eid Mubarak!

軋むように車体が動き出して、私はゆるく流れる景色を見ていた。 ただ、意識のどこかで、誰かが、何かを、叩いている。 がん、がん、ごん、がん、ごん。 その雑音が、意識の深くで、奇妙なひきつりを起こす。 ? 瞬間。 視界の端に […]

Read More

An atmosphere of intimacy around the table.

  一緒に暮らすようになるまで、彼には料理らしい料理を作ってあげなかった。全く、全然。 それは単に、朝もやのなかの冷えきった部屋(共産主義的アパート)でとる、なみなみと湯気を立てるオートミールのおかゆだったり、 […]

Read More

Eat, spin, run and repeat.

  からだを動かすことを楽しいと思ったことがあまりない、とエアロバイクを漕ぎながら私が言うと、その人は一瞬不思議そうにして、それから少し笑った。 最近、がぜんワークアウトを頑張っている。 私のトレーナーは、元ボ […]

Read More

Listening to the silence in the thick woods.

空が、雨の湿度を含んでいた。 呼応して、森の深い緑が息づく。 私の肺は、そのしっとりと甘い空気を呼吸する。 夜中の高速道路を飛ばして、北へ。 東京から、ほんの4時間弱で、私たちは緑の森の中にいる 季節が逆回しで、また紫陽 […]

Read More

Tropical rain falling down on the mango tree.

久しぶりによく晴れた日曜日。 うとうとうとうと眠りながら、薄目を開けると、彼が隣で本を読んでいる。 私は満足して、また眠りに落ちる。 夢の中では、雨が降っていた。 ざあざあと水煙を立てて降る、熱帯の雨。 私は市場からの帰 […]

Read More

Blueskying a breakfast on the mist-covered lawn.

夏休みに、キャンプに行くことにした。 まずはふたりで、ギアを点検。 ずっとしまいこんでいたコンパクトなテントを開いてみたり、コッヘルだのステンレスのお皿だのを取り出したり、シュラフを押入れの奥底から引っ張り出したり、あれ […]

Read More

Tiny but complete ecosystem in my backyard in Africa.

  キガリの家の庭には、たくさんマラクージャを植えた。 マラクージャ、はパッションフルーツ。時計草。あの白く鮮やかなうつくしい花。 広い、緑の庭があるお家だったけれど、新築だったので、まだ植物が生えそろっていな […]

Read More

A sense of euphoria with crisp kale salad.

本当は、サラダがとても好きだ。 毎日サラダごはんでもいいくらいに。 でも、身体を冷やしやすい(と言われている)し、生の野菜の繊維質に、あまり丈夫ではない私の胃はすぐに痛むので、サラダごはんは、毎日楽しむ、というわけにはい […]

Read More