Throwback Thursday. Eid Mubarak!

6a013486f4d7e6970c013486f4de60970c

軋むように車体が動き出して、私はゆるく流れる景色を見ていた。

ただ、意識のどこかで、誰かが、何かを、叩いている
がん、がん、ごん、がん、ごん。
その雑音が、意識の深くで、奇妙なひきつりを起こす。

瞬間。
視界の端に、鉄道の線路が目に入ってやっ と、気がついた。
ああああああ。逆方向。
私は、逆向きのトラムに誤って乗っていたのだ。

それなら。ぱちん、とスイッチを切り替えるみたいに、私の行く先は変更となった。

トラムの線路は、複線になっている、何処かで引き返したくなれば、また逆向きに乗り換えればいいのだ。(しかし、一度、市内バスでそれをして、真冬の東ベルリンで、道 に迷ったことがある。一方通行の路地裏で、帰りのバスの停留所が、どうしても見つからなかった。降りしきる雪。)

6a013486f4d7e6970c013486f4dd95970c

路面電車は、僅かに傾いたまま、「3月8日通り」をどんどん進む。
見知らぬ景色、細い路地。
日干し煉瓦の家々、淡い黄色に、トタンの屋根、ざくろ、葡萄の 木々、たわわに実った重そうな実の、深い色合い。
埃っぽい路地、軒先の、洗濯物。
街角には小間ものを売っている小さな商店と、チャイホナ。

ごとん、と停留所に、止まる。

私は、降りる機会を見失ったまま、立ち上がれずに、外を見ていた。自分の場所ではない、住宅地のまんなか。皆は、めいめい行く先を、待っている。

暫くして。
ふと、ひらけた大きな通りに出る。バザールがゆっくりとこちらに近づいてくる。
丸屋根、テントの色とりどり、手押しの荷台を押した人の列。
やっと、立ち上 がって、そのまま降りた。(ここはいったい何処だろう。私の持っている小さいタシュケントの市街地図からは、もう外れてしまっている。)

IMGP3439

大きなカメラを出して(アンティーク、のような銀塩のニコン)、速度を緩めて、歩く。
古いモザイクのタイルがついた団地の写真を撮っていて(私は共産主義的集合住宅がすきなのだ)、ふと、呼び止められる。ジェーブシュカ、ここ、買うのかい?ううん、ただちょっと、興味があって。ここはいいよ、バザールも隣だし、バスもトラムも来る し、お買い得だと思うよ。私は少し微笑む。興味というのは、そのう、あそこにはめてあるタイルが、きれいだなあと思ったの。

相手はちょっと不思議そうな顔をする。でも にっこりして、明日はお休みだね、ハイード(ウズベキスタンでは、イードのことをこう呼称する)だ、と言う。

断食明けの、おまつり。

С наступающим праздником!(よい休日をね)、С наступающим праздником!(ええ、よい休日を)。

わたしもにっこりとする。

6a013486f4d7e6970c013486f4dd89970c

そして、「予定通り」、逆向きのトラムで、「街」に戻る。

今日、この日、2015年9月24日も、Eid ul-Adhaの祝日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です