ABOUT WARM AND FUZZY

70980066

私の気に入りのぬいぐるみのパンダちゃんがここにいて、温かで親密なおうちの雰囲気を醸し出してくれています。私はこのパンダちゃんの背中を撫でながら、まだ幼かった頃のあのやわらかな情景を思い、穏やかで静かな気持ちになります。”warm and fuzzy”とは、まさにその時の、心の中の温かさ。

世界はみずみずしく、ひかりに満ちています。
それが感じられることも、また感じられないことも、どれも自分です。その毎日の記録を残したくて、ここに書き留めることにします。

IMGP3462

私について。

short waveのラジオにかじりついてモスクワからの放送を拾うのに必死だった14歳は、もうずいぶんと長いこと旅をしています。アラスカ、ロンドンとプラハで学生生活を過ごし、タイ、インドネシア、ベトナム、台湾で、バックパック一つを持って少し長い旅をしたり、ロシアで開発の仕事(本職)をしたり。オランダで研究職に就き、ウズベキスタンで勤務して、それからアフリカ。ルワンダに渡って、主婦生活、その後10数年ぶりに、東京に戻りに5年間。そして今、またオランダのハーグにいます。
同じように仕事で国外を転々としてきた夫との生活も、また根のない草のようだけれども、その浮遊感も、鮮烈な刺激も、そしてまた凍るような孤独も、どれもまた気に入っている、と思っていたい。

自称foodie、食べること、台所から繋がる文化の探求が好き。好きな食べものは、マンゴー。苦手なものは、やぎの内蔵とらくだの乳。

kiki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です