That familiar scent of tea.

そうして、お茶の景色の記憶は、私をいろんな所に連れてゆく。 ロ シア極東、酷寒の冬に通された居間には、ペチカが赤々と燃え、サモワールが湯気を立てていた。たぶん炭を入れて使うタイプなのだと思う。サモワール自体からも、やわら […]

Read More

The wicked witch of the east meets west.

場所は、ハーグの大きな森の近くの静かな住宅街。 オランダらしい佇まいのお宅は、扉を開けると、もうすでに華やかな花の香りが漂う。開け放った窓には、さっぱりとした白いカーテンが揺れて、夏の風を運んでいた。 瞳実さんのアロマテ […]

Read More