That familiar scent of tea.

そうして、お茶の景色の記憶は、私をいろんな所に連れてゆく。 ロ シア極東、酷寒の冬に通された居間には、ペチカが赤々と燃え、サモワールが湯気を立てていた。たぶん炭を入れて使うタイプなのだと思う。サモワール自体からも、やわら […]

Read More